高齢処女がディルドで自力脱処女した話

コピペ投稿者:名無しさん  投稿者ID:lIkoDt8x
コピペ投稿日時:
事の起こりは数か月前、持病の薬を貰うため通っていたレディースクリニックにて

医者「じゃあ、次回は血液検査と子宮頸がんの検診ね!」

私「え、あ、はい」

比較的空いている朝一番の予約で、半分寝ぼけた頭のままぼんやりと、いつものように血圧を計られ、薬だけもらって帰宅する予定だったのに。

医師の言葉に、ぼんやりしたまま普通~に返事をしてしまったが、私は、処女である。

30歳にして、処女である。

説明しよう、子宮頸がんとは、性的接触により子宮頸部に感染するHPVというウイルスにより発生するガンである。

――吾輩は、処女である

性的接触は、まだない―――――

「すみません、私経験がないので、がん検診はまた次の機会にしてもらっても良いですか…?」

と、この一文をサラッと医師に告げれば良いだけだったのに、

「ああ、はいはい、がん検診ですね?了解で~す」的な雰囲気を醸し出しつつ、私は澄ました顔をして承諾してしまった。

やっちまった。

完全にミスった。

何がやべえって、子宮頸がんの検診は、

<股にクスコをぶっ刺し穴をかっ開いて、器具入れて子宮の入り口の粘膜をこすり取ってくる>

という過程を経る検査だというところだ。

<処女の股に、クスコ入んなくね…?>

30年間使用されず、廃墟と化した山道のトンネルに、いきなり車両が通行するようなものである。

これはもう確実に事故る案件である。

病院からの帰り道、冷静になった頭でがん検診をシュミレートしていたら、じわじわと恐怖が襲ってきた。

(クスコとはどういうものか、イメージがわかない方は、「クスコ 婦人科」で画像検索されたし)

しかし私の頭には恐怖と同時に、一筋の光も差し込みつつあった。

<これは処女を脱することができる、チャンスなのではないか…!?>


話が前後するが、私は若い頃から卵巣嚢腫を患っていて、婦人科には定期的に通院している。

初診の婦人科では最初の問診で「性経験の有無」について必ず答えるようになっているものではあるが、問診表に素直に「性経験無し」と記載したところで、世の中のすべての人間が私に対して処女としての対応をしてくれるわけではない。

これは完全に個人の体感であり、偏見でもあるのだが、「婦人科で処女だと申告した時に、それを受け入れ当たり前のように処女として対応してもらえるのは、20代前半まで」であるように感じられる。(あくまで主観ですが)

今まで転勤などによって、5カ所の婦人科を渡り歩いてきたが、問診表で処女を申告していても、いざ診察室に入ると、もう一度経験の有無を確認されたり、酷い時には何の疑いもなく股に器具を突っ込まれそうになったことすらある。

残念ながら、

「30代にもなると、未経験の女なんてほとんどいない」

というのが、世の常識なのであろう。

実際、私の周りにも処女なんていないし、この年齢になると5割は経産婦である。

肩身の狭いマイノリティ…高齢処女。これが現実だ。

かといって、普通に生活している分には何ら不自由はない。

友人同士の女子トークは、自分に話すことがあんまりないからか、ちょっとわずらわしく感じられる時があったりもするが、まぁ問題ない。

じゃあどういうときに肩身の狭さを感じるのかというと、高齢処女が一番のストレスにぶち当たる場面は、やはり病院なのである。

私は卵巣嚢腫を患っている。

卵巣嚢腫の診察には、超音波の器具を股にぶっ刺す必要がある。

経験者はマンコに、処女はケツの穴にこれを挿入して診察するのだが、例えば歳若いお嬢さんであれば、「経験が無いのでお尻から」というのはあたり前に受け入れられるだろう。

しかし30女になるとどうだ。

まず世の常識として、30代は大体非処女、という大前提がある。

医療従事者も人間だ、無意識に刷り込まれている先入観には抗えない。

そんな常識をぶち破り、

「男の経験無いのでケツからお願いシャス!!!」と申告しなければいけないこの心苦しさは計り知れないものがある。

羞恥心、虚しさ、自嘲感、気まずさ。

圧倒的ストレス。

まだ1度や2度くらいなら割り切ってわりとサラッと言える。

しかしながらこれが定期検診となるとストレスの度合いがぶち上がる。

内診の度にじわじわと心が削られる。

しんどい。

一切心苦しい思いをせず、マジョリティのひとりとして診療されたい…


そういう思いもあり、今回の子宮頸がん検診を念願の<非処女>として受診するべく、私は荒廃したトンネルを開通させることを決めたのであった。


そう、自らの手によって。

ここでタイトル回収。


使ったものは彼ぴっぴではなく、ディルドである。

まず彼氏を作る努力をしろよという指摘には、30代で経験が無いことがすべてを物語っているので察してくださいとしか言えない。

始めては好きな人と…なんて可愛げのあるセリフは可愛い女が言えばいい。

誰がなんと言おうと、私の初めての相手はディルド!君に決めた!

アマゾンで1600円くらいで購入。

柔らかめのMサイズ、ローション付き。

実家暮らしの為、万が一家族に箱を誤開封された時のことを考え、コンビニ受け取りにする念の入れよう。

まさかこの中にチンコが入っているとは思いもよらないであろう、シンプルな包装。わかっていらっしゃる。

開封。

でかい、思ったよりでかい。

しかしこれが世の平均サイズ…事前に平均サイズを調べておいたけど、まさにこのディルドも平均of平均といった造形であった。

こんなものが入るのだろうかとヒヨりそうになるが、女の穴は本気を出せば赤子だって通すことができる穴だ。

なんかこう上手いこと出来てるに違いない、と信じるしかない。

さぁ、いざ勝負。

と、思ったところで、ゴムの存在に思いを馳せる。

衛生的には被せたほうが良いに決まっているのだが、気持ちが乗っているこの状態を一時中断して買いに行くべきか、悩む。

ゴム無いけど気持ちが盛り上がってるから生でやっちゃうとか、漫画で100万回くらい見たことあるけど、なるほどこういうことね。理解理解。

とりあえず一度ディルドを洗い、マキロンをぶっかけてみる。

マキロン信者である私はマキロンにすべてをゆだねることによって、ゴムの購入を省略した。

乾いたバスタオルをケツの下に敷き、事後、すぐ体を拭う用に濡らしたハンドタオルをサイドテーブルにセット。

ディルドにローションをON。

寝っ転がって股を開脚。

オールグリーン。

開戦。

「待って待って待って。無理、入らん。普通に痛い。無理。」

10秒後、敗北。

とりあえず先っちょだけ頑張ろうと思った出鼻をくじかれる。

先っちょが、まるで入らない。

入らないのに超痛い。

嘘やろ?世の女たちみんなこんな痛い思いして合体したの?

とりあえずググる。

「処女膜 位置」

結果、処女膜はマンコのめちゃめちゃ入り口にあるということが判明。

先にググっとけよという話だが、なるほど把握した。

要は「先っちょ」が貫通の儀において最重要課題なのね。

たかが先っちょ、されど先っちょ。


再戦。

「ぐわあああああ痛ええええええああああああああ!!!!」

と呻きつつも、ディルドの先端を穴に当てがい、グググと押しやる。

ここで引いたら一生勝てない。

押し込む手の力を弱めず、攻め込む。

マンコ城壁へ攻め入るディルド軍。

激しい攻防は20秒ほど続き、そして

「!?」

苦戦していたディルド軍が急に前進。

どうやら城壁を突破したようだ!

行けるところまで前進するべし、という軍師の命により、ディルド軍は奥へ歩を進めるものの、

半分くらい行ったところで、ちょっともう股間の痛さが無理すぎてギブ。


終戦。


ディルドを引っこ抜くのもまた怖いやら痛いやら。

カリの部分で引っかかってもう参っちゃうほど痛かった。

準備しておいた濡れタオルで股をぬぐい、ベッドの上でしばらく放心。

体感時間は1時間くらいだったが、実際は途中ググってた時間を含め、10分ほどの戦い。

股間はなおもジワ~~~!!っと痛い。

もう完全に怪我。完全に怪我の痛さだわこれ。股間の怪我。明日は出歩かず安静にしておこうと決める。

世の女の子たちはデートの途中でこれをやるの?すごくない?

それとも好きな男とのデートの途中だからこそ、心身共に盛り上がることによって軽症で済むのだろうか?

完全に正気のまま事務的に事に及んだ私は重症です。

30分くらい横たわったのち、そろそろ動くか~と体を起こしたと同時に、尿意を感じトイレへ。

おしっこ、めっちゃ股にしみる。

そしてふと股と便器をのぞき込んだら、真っ赤で仰天。5秒おきに股から血が滴り落ちている。

たぶん地獄ってこういう景色。

真顔で股の血をトイレットペーパーで拭き、パンツにナプキンをセット。

事前に世の人々の初体験をググっておいた時に出てきた情報では、「パンツに血がにじむ程度」とか書いてあった気がするが、

な~~~にがにじむ程度じゃ馬鹿野郎!垂れ流しって書いとけ!!などと心の内で悪態をつく。

しかし翌日になると痛さは残るものの、

血はほとんど止まっていた。


一週間後、貫通具合を確かめるため、2回戦目。

「え?待って?普通に痛い。」

一度処女膜が破られたら、その後はもうズッコンバッコン余裕なのかと思っていたら、全くそうではないらしい。

初回貫通時の痛みを100としたら、2回目は40くらいの痛みであった。

しかし痛みはあるが、出し入れ自体は初回とは比べ物にならないほど容易ではある。

この調子なら、婦人科のクスコや超音波器具も、もう大丈夫かもしれない。

謎の達成感と安心感を感じながら、私は婦人科の予約を入れた。


子宮頸がん、検査日当日。


下半身を晒したまま、例の婦人科椅子に座る。

椅子が動き、開脚される。

どうでもいいけど、この椅子はアトラクション感あって、動き出すとちょっとワクワクする。開脚されると正気に戻る。

器具を股に当てられ、そのまま何のためらいもなく流れるように挿入される。

「やべえ、普通に痛い。」

「まだ普通に我慢できる範囲の痛さだけど、これ以上はやばい。これ以上痛くなったらやばい。これ以上は…!」

と頭の中でヒヤヒヤしていたら、一瞬で器具が抜かれ、終了。

早い。

想像以上に一瞬。

椅子に座ってから30秒も経ってないんじゃないかと思うほどの早さ。

この30秒のために大いに悩み、戦をした自分は一体何だったんだ、と思わなくもないが、

まぁ結果的にスムーズに事が済んだので、良かった。

心からホッとした。

これから先は婦人科にかかる時、何の心配、心苦しさも感じることなく、内診を受けることができる。


傍から見たらめちゃめちゃしょうもない事案だろうけど、

こういうめちゃめちゃしょうもない下の悩みを抱えている人が、もしかしたら私の他にもいるかもしれない、ということで

この日記をここに残しておくことにする。
  • イイ! 15
  • 泣ける 18
  • ガクガクブルブル 1
  • ホンワカ 5
  • オワタ 0
  • キンモー 3
  • カワイソス 3
  • ブッ!! 6
  • イクナイ! 1
  • イラネ(削除希望) 削希

最近のコピペ評価状況

ホンワカ ブッ!! ブッ!! イイ! イイ! ブッ!! イイ! カワイソス 泣ける 泣ける 泣ける ブッ!!

コメント一覧

1  名前::2018/10/02(火) 19:09:10  ID:CPzXcHRd スマートフォンからの投稿
子宮頸がんはウイルスだけが原因じゃないから処女でも検診はした方がいい
1Spacer イイ!コメント
2  名前::2018/10/02(火) 19:17:31  ID:Nd4cj4VN スマートフォンからの投稿
ブログでやれ
2Spacer イイ!コメント
3  名前::2018/10/02(火) 19:39:33  ID:QCSTGUiO スマートフォンからの投稿
なげーよ死ね
16Spacer イイ!コメント
4  名前::2018/10/02(火) 19:44:51  ID:zyxKkvCW スマートフォンからの投稿
チンコが縮みあがった
0Spacer イイ!コメント
5  名前::2018/10/02(火) 19:51:50  ID:NvY5sHJl PCからの投稿
いやでも面白かったわ
自分は男だから女性はこういう感覚なのねと勉強になった
24Spacer イイ!コメント
6  名前::2018/10/02(火) 19:53:00  ID:Mqki6U9H スマートフォンからの投稿
長いけど一気に読ませる文章
喪女とオカマは文才があるひと多いな
12Spacer イイ!コメント
7  名前::2018/10/02(火) 20:25:00  ID:T+WuywcO PCからの投稿
来年40になる処女だけど、
普通に内診台+クスコで検査受けてるよ
面倒だから「性交経験あり」ってことにしてるけど
器具入れる時に「なんか引っかかるなぁ…」とか言われるから
お医者にはバレてると思う
4Spacer イイ!コメント
8  名前::2018/10/02(火) 20:38:00  ID:2O5hXarL スマートフォンからの投稿
>30年間使用されず、廃墟と化した山道のトンネルに、いきなり車両が通行するようなものである。

酷道マニアからするとこの表現は不適切 

「道自体は完成しているものの何故か坑口の鉄壁バリケードだけは30年間撤去されず、事実上未成道と化した山道のトンネルに、いきなり大型車輌が大挙して通行するようなものである。」

こっちの方がいい
6Spacer イイ!コメント
9  名前::2018/10/02(火) 21:45:49  ID:E7cOYJc+ PCからの投稿
※8
オタ特有の面倒臭さがうまく表現できてて好きw
11Spacer イイ!コメント
10  名前::2018/10/02(火) 22:28:29  ID:F94f/WS+ 携帯からの投稿
高齢処女は周辺組織も膜そのものも硬くなってるから
若年処女と比べて喪失時の痛みが強く出血も多かったんだと思う
1Spacer イイ!コメント
11  名前::2018/10/02(火) 23:30:34  ID:/vrtB0h6 スマートフォンからの投稿
経験者でも、年取っても、あれは痛い。
診察台に乗り足を開いた状態で固定されて、へそ辺りにカーテンがあるから診察中に医師の姿は見れない。
診察が終わり隣の部屋で初めて医師の顔が見れる。
診察中は痛くて顔がゆがみ、痛い反動で思わず医師に蹴りを入れたくなる。
0Spacer イイ!コメント
12  名前::2018/10/02(火) 23:32:20  ID:2O5hXarL スマートフォンからの投稿
※10   年齢と頑丈さは比例するから80歳の処女とかもう金庫室の扉だよ 

工具使って開けてからからじゃないと使えない
0Spacer イイ!コメント
13  名前::2018/10/02(火) 23:58:38  ID:axzxOIb8 スマートフォンからの投稿
19で処女喪失したけどポタポタ出血して「生理か!」って思ったから
出血量には個人差があります
1Spacer イイ!コメント
14  名前::2018/10/03(水) 00:32:22  ID:2nSTupBK PCからの投稿
米8
絶望的な文才のなさ
0Spacer イイ!コメント
15  名前::2018/10/03(水) 06:44:00  ID:nVyLOX+w スマートフォンからの投稿
※12
使うなやWWW 
0Spacer イイ!コメント
16  名前::2018/10/03(水) 06:56:03  ID:0Ur223BJ スマートフォンからの投稿
30過ぎ処女だけど別にそんな何度も聞かれたことはないな。
この人と同じで卵巣のうしゅもやったけど、普通にケツにつっこまれたよ。
健診もやってるけど、痛かったり痛くなかったりだからやっぱり先生の腕によると思う。
0Spacer イイ!コメント
17  名前::2018/10/03(水) 10:46:50  ID:XT3TyURH スマートフォンからの投稿
※12
経験者…?
1Spacer イイ!コメント
 

コメントを投稿する

名前:

コメントルール

URL

よろしければ、ブログ・mixi等からリンク等を貼る時などにでも利用してください。