世界最強の生物『18選』

コピペ投稿者:komm  投稿者ID:T5vFRtWW
コピペ投稿日時:
1: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:37:55.67 ID:nmARgmdc0
第18位.ラーテル
世界一恐れを知らない生き物としてギネスブックにも登録されているイタチ。
その称号に違わず性格こそ超攻撃的だが
その実情は防御力特化の生物で毒に対する強烈な抵抗力と背面に広がる堅牢かつ柔軟な皮で身を守っている。
ただ、体重は10kg程度で柴犬とほとんど変わらない。
しかし、それにも関わらずライオンやヒョウといった巨大な猛獣にも果敢に立ち向かっていく。
とはいえ、彼等に出来るのはあくまでも立ち向かっていくことだけで
実際には脆い顔や腹などを攻撃され食い殺されることも多い。
HP:C 攻撃力:B 防御力:S スピード:D

2: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:38:40.19 ID:nmARgmdc0
第17位.アナコンダ
中南米に生息する世界最大の蛇。
史上最大の個体ともなるとその体重は250kgにもなり、
これは並のヒグマと同等というヤベーサイズ。
一般的な蛇のイメージとは異なり毒こそ持っていないが、
彼等の締め付けのパワーはそれを余りあってあるほど残忍である。
HP:A 攻撃力:B 防御力:D スピード:F

5: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:39:04.22 ID:nmARgmdc0
第16位.オオカミ
シベリア平原や北アメリカ北部といった極寒の地を中心に生息する肉食獣。
体重は大きなものでも50kg前後とヒトよりも一回り二回り小さいが、
純粋な肉食獣というだけあって彼等の咬む力はグリズリーにも匹敵する。
また、スピード・スタミナのどちらもが優秀で時速70km程度の全力疾走を20分間以上、
時速30kmに落せば7時間以上も続けられるという。
HP:E 攻撃力:B 防御力:D スピード:A

7: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:39:34.48 ID:nmARgmdc0
第15位.コモドドラゴン
インドネシアのコモド島に生息する世界最大のトカゲ。
その体重は平均サイズで50kg前後と猛獣としてはやや控えめであるが、
体重1000kgを超えるものもいるスイギュウを捕食対象としているなどやはり猛獣。
牙に仕込まれた自前の神経毒と口の中で繁殖した大量のバクテリアという
二重の毒を持ち彼等に咬まれたら死を決心する他ない。
攻撃力:B 防御力:C スピード:D

8: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:39:58.66 ID:nmARgmdc0
第14位.オウギワシ
南米アマゾンに生息する世界最大の猛禽類。その全長は2mにも達する。
猛禽類というだけあって飛行スピードも速く、
時速70kmで主食であるナマケモノやサルに襲い掛かってはその鉤爪で鷲掴みにしてしまう。
HP:E 攻撃力:B 防御力:G スピード:A

12: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:40:25.78 ID:nmARgmdc0
第13位.バラクーダ
赤道付近の暖かい海に生息する獰猛な回遊魚。
回遊魚よろしくその運動能力は非常に高く時速100km以上で泳ぐ。
また、その気質もサメ以上に凶暴で現地の漁師からもサメなんて目じゃないぐらいに恐れらている
HP:D 攻撃力:A 防御力:G スピード:SS

15: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:40:43.54 ID:nmARgmdc0
第12位.グリズリー
シベリアやアラスカといった極寒の地に生息する巨大な熊。
そのサイズの割に顎の力が弱かったりと攻撃力という面では純粋な肉食獣に劣るが
防御力という面ではオオカミやトラなど比較にもならないだろう。
HP:A 攻撃力:B 防御力:A スピード:C

19: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:41:03.81 ID:nmARgmdc0
第11位.ジャガー
南米はアマゾンに生息するネコ科ハンター
その体重は平均サイズで90kg前後と人間よりも二回りほど大きい。
特に顎の力に優れその咬力はライオンを超えるとも。
HP:D 攻撃力:A 防御力:D スピード:C

22: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:41:25.63 ID:nmARgmdc0
第10位.ワニガメ
アメリカ合衆国の固有種である超巨大ガメ。
その全長は大きなものでは1m近くにも及び、これはヒトの子供とほぼ同等の大きさである。
その見た目に違わず咬む力も450kgと恐ろしく強い。
HP:A 攻撃力:S 防御力:SS スピード:G

28: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:42:48.77 ID:nmARgmdc0
第9位.ピラニア
皆さんご存知のアマゾンきっての殺人魚。
顎の力は体重の30倍以上(クマで0.8倍、トラで1.5倍)ともされ、
その牙はアステカ・インカの時代より剃刀として使われてきたほどに冷酷無比。
実際には我々がイメージしているほど凶暴ではなくむしろ臆病な性格であるが、
それはあくまでも獲物が流血していない時の話。
彼等は血の臭いを嗅ぐと狂乱索餌という異常な興奮状態に陥り、
その攻撃性や猟奇性を爆発させるのだ。
HP:D 攻撃力:A 防御力:G スピード:C

31: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:43:11.64 ID:nmARgmdc0
第8位.ヒョウアザラシ
南極海に生息する世界最大のアザラシ
名前からわかる通りその性質は獰猛そのもので彼等の餌食となったペンギンは数知れない。
体重は500kg以上にもなる。
HP:A 攻撃力:A 防御力:B スピード:D

32: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:43:34.57 ID:nmARgmdc0
第7位.ホッキョクグマ
北極圏に生息する白い体毛のクマ。
非草食獣としては破格の体格を持ち、その体重は最大で900kgに達する。
主にアザラシやセイウチといった海獣をエサとしているが、
逆に泳いでいるところをシャチに襲われて捕食されるケースも多い。
HP:S 攻撃力:A 防御力:S スピード:D

38: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:43:56.24 ID:nmARgmdc0
第6位.セイウチ
北極圏に生息する巨大な海獣。
あまりにも長く太い双牙が特徴的。
天敵であるホッキョクグマに襲われた際にはこの牙でもって返り討ちにしてしまうことも。
体重はゆうに1tを超える。
HP:SS 攻撃力:S 防御力:S スピード:F

43: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:44:35.49 ID:nmARgmdc0
第5位.シベリアトラ
シベリア極東のごく一部の地域に生息する世界最大の虎。
かつては中国、朝鮮半島、モンゴルといった広い地域に生息していたが
人類との争いに敗れシベリアの地に追われた敗北者。
体重は200kg程度で北海道のヒグマと大差ないが、
やはり純粋な肉食獣というだけあってその戦闘力や残忍性はクマの比ではない。
HP:C 攻撃力:S 防御力:B スピード:B

49: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:45:20.82 ID:nmARgmdc0
第4位.ブラックマンバ
漆黒の体色が特徴的な毒蛇。
世界の毒蛇の中でもキングコブラに並び最も大きな種であり、
体重も小さなイエネコ程度の重さはある。
小動物でありながらこのランキングにランクインしているだけあってその毒は極悪もいいとこ。
また、人の足では逃げ切れないほどに俊敏でその上気質も恐ろしく獰猛。
つまり、攻撃力・俊敏性・凶暴性の3拍子が揃ったヤベー奴なのである。
HP:D 攻撃力:SSS 防御力:G スピード:C

56: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:45:53.74 ID:nmARgmdc0
第3位.ホホジロザメ
言わずと知れた最凶最悪のサメ。
その咬力は破格の600kg超とされ、過去には世界中の部族が
武器や刃物として使用していたほどその牙は斬れ味バツグン。
トップスピードは時速56kmと言われ、これはつまりシャチと大型魚を除けば海で最速ということになる。
このように攻撃力・スピード共に恐ろしい生物であるが、
その反面内臓を守る骨がないために防御力は非常に低いと言えよう。
HP:B 攻撃力:SS 防御力:D スピード:B

63: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:46:23.90 ID:nmARgmdc0
第2位.バショウカジキ
世界中の暖かい海に生息する海中最速のスプリンター。
その異常発達した背びれがまるで「バショウ(バナナ)」の葉のように見えることからこう名付けられた。
そのMAXスピードは破格の時速125kmとされ、これはイルカの3倍・シャチのほぼ2倍のスピードである。
そして、彼等の象徴的なあのクチバシは決して見せかけのものではなく
軍艦の底に穴をブチ開けたエピソードもあるほどである。
とはいえ、回遊魚の宿命というべきか皮も脂肪の層も薄く骨も細くなりがちなので防御力は皆無。
HP:E 攻撃力:SSS 防御力:G スピード:SSS

75: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 18:47:32.48 ID:nmARgmdc0
第1位.シャチ
熱帯・寒帯問わず世界中の海洋に広く生息する超巨大生物。
世界で唯一クジラを狩猟する生物でもある。その体重は平均クラスでも4000~5000kg程度、
最大クラスで10000kgと象よりも巨大。
スピードにしてもやはり回遊魚には遠く及ばないが、哺乳類としては圧倒的に最速。
また、魚とは違い皮も脂肪も恐ろしく分厚く骨格も頑丈なため防御力に関して右に出るものはいないだろう。
とはいえ、トラのよう牙もクマのような爪もカジキのようなクチバシも持たないため
彼等の攻撃力はサイズの割に控えめだ。
HP:SSS 攻撃力:SS 防御力:SSS スピード:A
  • イイ! 9
  • 泣ける 0
  • ガクガクブルブル 0
  • ホンワカ 0
  • オワタ 0
  • キンモー 1
  • カワイソス 0
  • ブッ!! 0
  • イクナイ! 2
  • イラネ(削除希望) 削希

最近のコピペ評価状況

イイ! イイ! イクナイ! キンモー イクナイ! イイ! イイ! イイ! イイ! イイ! イイ! イイ!

コメント一覧

1  名前::2019/02/08(金) 12:36:12  ID:CeIvi/aO PCからの投稿
一位が意外で驚いた
1Spacer イイ!コメント
2  名前::2019/02/08(金) 13:24:37  ID:GQP3Bgeq PCからの投稿
「ブラックマンバ」ってガングロギャルサーありそう
0Spacer イイ!コメント
3  名前::2019/02/08(金) 13:36:47  ID:A1ITBoIQ PCからの投稿
自分たちのエゴでこれらの生物の生活圏を脅かすから、
人間が最強かというつまらんオチかと思ったわ
納得したしないに関わらず、純粋に生物としての能力でのランキングでよかった
0Spacer イイ!コメント
4  名前::2019/02/08(金) 13:50:06  ID:C/ZLsJq1 PCからの投稿

防御力だけは低いタイプが多いな。空手9段だけど
常に全裸の武道家のおっさんみたいな……肉体的に
隙があるうえに「筋骨隆々でたくましい身体だけど
チンポは小せえなあ!」って言われたらベソかいて
引きこもる小心者。そういう愛すべき男を描いた
長編映画でも制作されたらいいのに。タイトルは
『汗臭いバショウカジキの涙とチンポ』とか。
2Spacer イイ!コメント
5  名前::2019/02/08(金) 17:33:10  ID:WDY/aX6I PCからの投稿
異論はあるだろうけど、こう言う事を考えるのは楽しいね。
怪獣図鑑に通じるものがあると思う。
0Spacer イイ!コメント
6  名前::2019/02/08(金) 17:58:03  ID:z/Wgkp/I スマートフォンからの投稿
こういうの好き
納得の1位だったしホントに人間最強でオチをつけなくてよかった
0Spacer イイ!コメント
7  名前::2019/02/08(金) 18:59:51  ID:McxMCylZ スマートフォンからの投稿
長い。
2Spacer イイ!コメント
8  名前::2019/02/08(金) 19:48:18  ID:KGYHn6pe スマートフォンからの投稿
日本に住んでてよかった
0Spacer イイ!コメント
9  名前::2019/02/08(金) 21:15:31  ID:ZLXe+4mk スマートフォンからの投稿
飼育下だけどラーテルがホッキョクグマ殺したって話あるよね
0Spacer イイ!コメント
10  名前::2019/02/09(土) 08:17:03  ID:oyum2btd PCからの投稿
※6
1位 吉田沙保里とかなってたらがっかりだもんね
0Spacer イイ!コメント
11  名前::2019/02/09(土) 11:34:35  ID:dAvtY3Ws 携帯からの投稿
ゴリラやカバがいないのが寂しい。
0Spacer イイ!コメント
12  名前::2019/02/11(月) 17:39:30  ID:PEpRLcTd PCからの投稿
おまけの中身じゃないやん!
0Spacer イイ!コメント
 

コメントを投稿する

名前:

コメントルール

URL

よろしければ、ブログ・mixi等からリンク等を貼る時などにでも利用してください。