スペインのバルセロナで建築が進められている「サグラダ・ファミリア (聖家族贖罪教会)」の管理当局は、市当局に3600万ユーロの罰金を支払うことになる。市の許可を得ずに133年にわたって建設が行われたことに対して制裁が科された。スペイン紙エル・パイスが報じた。
  • イイ! 3
  • 泣ける 0
  • ガクガクブルブル 0
  • ホンワカ 1
  • オワタ 4
  • キンモー 0
  • カワイソス 1
  • ブッ!! 14
  • イクナイ! 1
  • イラネ(削除希望) 削希

最近のコピペ評価状況

ブッ!! ホンワカ ブッ!! ブッ!! ブッ!! ブッ!! ブッ!! イクナイ! ブッ!! カワイソス オワタ ブッ!!

コメント一覧

1  名前::2018/10/20(土) 14:29:25  ID:GAwJenwT スマートフォンからの投稿
ソースみたら別に「罰金」ていう感じじゃないな
0Spacer イイ!コメント
2  名前::2018/10/20(土) 14:49:29  ID:J3S9MkGK PCからの投稿
贖罪である
0Spacer イイ!コメント
3  名前::2018/10/20(土) 15:04:35  ID:urS192dE スマートフォンからの投稿
そもそも耐震基準とか高さ制限とか違反してる。
現在は超法規的措置で例外が認められてる。
6Spacer イイ!コメント
4  名前::2018/10/20(土) 15:04:37  ID:dIDugm0x 携帯からの投稿
同時に、この制裁措置によって市当局の133年にわたる職務怠慢が明るみに出る形となった
14Spacer イイ!コメント
5  名前::2018/10/20(土) 15:58:46  ID:3KK85wcA 携帯からの投稿
以前は寄付で成り立っているぐらいだから、金回り良くなったのかね?
0Spacer イイ!コメント
6  名前::2018/10/20(土) 17:48:15  ID:9PH7INuz PCからの投稿
生まれたから133年間ずっと全裸で過ごして毎週火曜日と木曜日に
夕方から有楽町駅前で勃起裸踊りを続けていたらいつか公然猥褻の
概念さえも吹き飛ばせるだろうに、これはシビアな話だね。
0Spacer イイ!コメント
7  名前::2018/10/20(土) 21:32:23  ID:UEjxom9I PCからの投稿
ここはちゃんと建築許可取ってるだろうな。
http://news.livedoor.com/article/detail/11084462/
0Spacer イイ!コメント
8  名前::2018/10/20(土) 22:26:22  ID:PCnz2I0k PCからの投稿
役によくあのサグラダファミリアを
「建設工事中の建物」だと考えられたよな
その役人って才能あると思うわ
0Spacer イイ!コメント
9  名前::2018/10/21(日) 01:04:46  ID:gPSpgfIa 携帯からの投稿
※8
建設工事中の建物でなかったら何なの
0Spacer イイ!コメント
10  名前::2018/10/21(日) 08:57:34  ID:Nsl1o8zZ PCからの投稿
ガウディが作り始めたころは、なんもない土地だったから、
「ほうっておいてもいいんじゃないのぉ」で済ませてたんだよな。
スペイン人らしい話ではある。
1Spacer イイ!コメント
11  名前::2018/10/22(月) 00:00:33  ID:MlQt2yId PCからの投稿
※9
改築中とか…増築中とか…
0Spacer イイ!コメント
12  名前::2018/10/22(月) 20:19:02  ID:EI3/Sy7E スマートフォンからの投稿
なう  ぷりんてぃんぐ
0Spacer イイ!コメント
 

コメントを投稿する

名前:

コメントルール

URL

よろしければ、ブログ・mixi等からリンク等を貼る時などにでも利用してください。