野比家・父の手記

転載元:肉欲企画
コピペ投稿者:名無しさん 
コピペ投稿日時:
1月2日 晴れ

今日、息子が青いネコを連れてきた。

「どうもっスwwはじめましてww」

喋るらしい。

「なんだい?コレは…」

「なんかね、僕の未来を変えてくれるらしいよ」

バカだバカだとは思っていたが、ついに狂ってしまったらしい。
俺はタウンページをめくると、特別養護施設を探した。

1月3日 曇り

帰宅すると、家に大量のドラ焼きがあった。

「なんだい?コレは」

「あ、自分ドラ焼き好きなんっスよww」

答えになってない。俺は無視して妻に聞いた。

「なに?コレ」

「好きなんですって、ドラ焼き。ねえドラちゃん…」

そう言って家畜の方を見る妻。
目は心なしか潤んでいた。
それにしても100ダースはやりすぎだ。

「ああ、アナタの小遣い、明日から200円だから」

俺は泣いた。

1月4日 雪

「わー!雪だ!雪だよドラえもん!」

甲高い声で叫ぶ息子。IQは20、俺の元・精子。
ティッシュの中に葬ればよかっただろうか、俺は紫煙をくゆらせながらそんなことを思った。

「雪、真っ白っスよww奥さん白いの好きなんじゃないっスかww」

「ど、ドラちゃん、主人が聞いてるわ……!」

「あ、パパさんwwもしかして包茎っスかww」

俺はまた泣いた。

1月5日 残雪

今日は仕事始めの日。
溶けかかった雪に足を取られながら、何とか会社まで辿り着いた。

僕の所属する部署は特別環境事業部。
いわゆるトイレ掃除だ。

「んっ!ンン…!ダメ!こんな所じゃ…人が来ちゃう!!」

「大丈夫っスよ、奥さんwww」

俺はそそくさとトイレを後にして、静かに泣いた。

1月6日 晴れ

久しぶりの晴れ空。
午後出勤だった俺は、公園で散歩をしてから会社に向かった。

駅前のカラオケ店前。見覚えのある顔が並んでいた。

「奥さんのテノール凄すぎっスよww」

「もう……ドラちゃんの肉マイクが凄すぎるのよ……」

最早涙も枯れ果てた。

1月7日 晴れ

息子と家畜は、冬休みの最後を利用してブリキの王国を作るとか何とか言っていた。キチガイの言葉は理解に苦しむ。何にせよ久しぶりの夫婦水入らずだ。

「なあ、いいだろ…」

「そんな気になれないの」

妻はそれだけ言って僕に背を向けた。
僕はカッとなって力任せに妻の服を脱がせた。
ビリビリ。肢体が露わになる。と、妻の太ももには文字が。

『パパさん、まさに22性器っスwwww』

俺は叫んで家を飛び出して、裏山で眠った。

1月8日 晴れ

俺は会社をサボって、昼ごろ家に戻った。
家には誰もいなかった。

息子の部屋に入り、押入れを探る。
あった。スペアポケットだ。

俺はビッグライトを取り出すと、黙ってチンコに暖かい光を浴びせた。

(これで…俺も……)

息子はしかし、ノーリアクションだった。
俺は訝しがってライトを眺める。

『注意:包茎には効かないっスよwww』

俺はビッグライトを粉々に破壊した。

1月9日

遂に俺の堪忍袋もリミットを越えた。
あのクソ猫に話を付けなければ。
俺は勢い込んで猫の下に詰め寄った。

「おい!貴様いい加減に」

「何っスかwwキレるとか暑苦しいっスよwww」

ヘラヘラと笑っている。俺は右手に握ったバットを振り上げようとした。

「あ、これどうぞっスww22世紀のエロ本っスよwww」

なんだ、意外と話の分かる奴じゃないか。
今日のところは許してやろう。
俺は書斎に戻って、家畜から貰った本の包装を破った。

『月刊・世界のペルシャ猫』

メモが一通。

『自分、猫っスからwww』

灯油をかけて全て燃やした。

1月10日 晴れ

「ドラえもん!明日テストなんだよどうしよう」

とんでもないアホ顔をしながら息子が叫んでいる。
この息子、九九どころか50音の「ら行」すら怪しい。

「大丈夫っスよwwwほら、コンピューターペンシルっスwww」

「ゲヘゲヘ、いつも悪いねえ。あと、最近静ちゃんが冷たいんだよなー」

「大丈夫っスよwwwほら、スピリタスと睡眠薬っスwww」

「ゲヘヘヘ、いつも悪いねえ」

うちの家族は、一体どうなってしまうのだろう。

1月11日 雨

息子が死んだ。
ガキ大将に金属バットで殴られたらしい。

「カッとなって…つい」

雑貨屋の息子。
俺は幾ら損害賠償金が取れるか頭の電卓を弾いた。

「ドラえもんく〜ん!」

ガキ大将が猫に泣きついている。

「余裕っスよwww」

猫がミンチ状になった息子を風呂敷でくるんだ。

「ホラ、生き返ったっスよwww」

何でもアリかよ。

「よかったらパパさんの包茎も治しましょうかwww」

俺はサイドボードからブランデーを取り出すと、無言で煽った。

1月12日 曇り

「ねえ、アナタ・・・」

珍しいことに、妻から誘ってきた。
俺は燃えた。

「ねえ、早く挿れて・・・」

「いや、もう入ってるんだけど」

「も、盲点!」

俺は泣きながら腰を振った。

「いいっスね、奥さんwww」

襖の間から、猫が8ミリを回していた。

「見られてると燃えるの!」

どうやら全て猫の指示通りらしい。
玉子。あの頃のキミはもうどこにもいない。
  • イイ! 7
  • 泣ける 8
  • ガクガクブルブル 3
  • ホンワカ 0
  • オワタ 0
  • キンモー 8
  • カワイソス 1
  • ブッ!! 43
  • イクナイ! 212
  • イラネ(削除希望) 削希

最近のコピペ評価状況

イクナイ! ブッ!! ブッ!! イクナイ! イクナイ! イクナイ! イクナイ! 泣ける 泣ける 泣ける イクナイ! イクナイ!

コメント一覧

1  名前::2009/07/05(日) 19:17:58  ID:9TavCW9j PCからの投稿
文章が笑わせてくれるなw
1Spacer イイ!コメント
2  名前::2009/07/05(日) 19:45:34  ID:5wp07nmd 携帯からの投稿
この、すぐにポーッとなる女の子は竜宮レナ。
1Spacer イイ!コメント
3  名前::2009/07/05(日) 19:57:37  ID:6wuGXRAs PCからの投稿
つまんね
8Spacer イイ!コメント
4  名前::2009/07/05(日) 20:10:06  ID:S4kAsyVB 携帯からの投稿
ドラえもんのドの字も知らないということがひしひし伝わるな。
これ書いた奴馬鹿にもほどがある。
10Spacer イイ!コメント
5  名前::2009/07/05(日) 20:16:20  ID:6cgGXtgV 携帯からの投稿
※4
0Spacer イイ!コメント
6  名前::2009/07/05(日) 20:25:37  ID:w1uSgF9F PCからの投稿
※5
お前は携帯なのか?PCなのか?
どっちだ?
0Spacer イイ!コメント
7  名前::2009/07/05(日) 21:00:44  ID:0oPsPRNh 携帯からの投稿
こういうのは朝目でやってくれ
飽きた
0Spacer イイ!コメント
8  名前::2009/07/05(日) 23:30:42  ID:BcwIb1TL 携帯からの投稿
肉欲ってドラえもん大好きって言ってるけど
ドラえもんのドの字も知らないのか…
1Spacer イイ!コメント
9  名前::2009/07/06(月) 16:07:15  ID:GhnBBcxb 携帯からの投稿
もうちょっとドラえもんぽくやってくれたらまだ読めるのに…
中学生が書いた妄想駄文に名前だけ入れ替えたような感じ。
オチがあるかと最後まで読んだけどなかったし。
イクナイ押す気にすらならんほど引っかかるものがない。
6Spacer イイ!コメント
10  名前::2009/07/06(月) 21:53:23  ID:gVHcOkh4 PCからの投稿
あんっ!あんっ!あんっ!
とっても・・・ハァハァ・・・だいすき・・・ん!
0Spacer イイ!コメント
11  名前::2010/07/01(木) 17:31:06  ID:6UAj0RGH 携帯からの投稿
紫煙とか書くのがが気に食わない
0Spacer イイ!コメント
12  名前::2011/03/02(水) 18:06:38  ID:bQR9czl+ 携帯からの投稿
文才の無さに泣いた
0Spacer イイ!コメント
13  名前::2013/07/30(火) 16:03:31  ID:ApzvNbLM 携帯からの投稿
正直ワロタ
3Spacer イイ!コメント
14  名前::2014/04/13(日) 12:18:19  ID:EZORj7+9 携帯からの投稿
ドラえもんのセリフが、ものっすごいDQNになった長瀬智也で再生される
0Spacer イイ!コメント
 

コメントを投稿する

名前:

コメントルール

URL

よろしければ、ブログ・mixi等からリンク等を貼る時などにでも利用してください。